遺品整理をスムーズに行なう方法

遺品整理をスムーズに行うためにも、事前に計画を立てることが大切です。故人が一人暮らしだったとしても、残された物は少なくありませんので、1日で終わらせようとせず、何日かに分けて行うようにしましょう。また、遺品を分類する際にルールを決めておくと、仕分け作業も楽になります。

特殊清掃業者と遺品整理業者の違いについて

掃除の専門業者が特殊清掃業者

たとえば、一人暮らしの高齢者が家でひっそりと亡くなっていた場合、発見までに時間がかかることがあります。その際は、家の中に臭いが染み付いてしまって、通常の清掃では落とせなくなります。特殊清掃業者は、そのような部屋も特殊な方法や薬剤できれいに掃除してくれます。

遺品整理のプロフェッショナルが遺品整理業者

遺品整理業者は遺品整理のプロですので、故人が残した物をスムーズに仕分けしてそれぞれ適した方法で処分したり、残したりしてくれます。遺品整理後は、故人宅を清掃や、不用品の処分まで行ってくれます。

業者依頼でかかる費用と相場

遺品整理を依頼するときの費用相場について、知っておくと遺品整理を依頼するときに役立ちます。遺品整理の費用は、依頼する故人の作業面積によって変わってきます。ワンルームの相場は、3万円〜10万円、2LDKや3DKの相場は、9万円〜42万円といったように、業者や家の状況によって、費用が異なります。

遺品整理業者探しで重視しておくべきポイント

遺品整理士

料金システムが明確か

遺品整理業者との間で最もトラブルになりやすいのが料金ですので、料金システムが明確であるところを選ぶようにしましょう。現地に出向いてもらい見積もりを取ってもらうと、正確な見積りを出してもらえますが、作業終了後に追加料金を請求してくるような業者もあるからです。基本料金やそれに含まれるサービス、追加料金発生時の状況や詳しい追加料金についても詳しく説明してくれる業者は、信頼できます。

資格の有無をチェックしよう

遺品整理業者は、無資格でも営業できるのですが、資格を持っている業者のほうが、安心して遺品整理を任せられるようになりますので、資格の有無をチェックしてみましょう。持っていると信頼性が高い資格のひとつが、遺品整理士です。遺品整理士とは、遺品整理に関する法律について講義を受けて、合格した人だけが取得できる資格です。

業者の対応をチェックしよう

故人が亡くなって、残された家族は悲しみに暮れている状態です。遺品整理業者を選ぶポイントとしては、残された家族の気持ちを理解しながら遺品整理をすすめてくれるかどうかです。依頼された仕事だからといって、事務的に遺品を処分されてしまうと、家族の気持ちを傷つけることにつながりますので、家族に配慮しながら遺品整理をすすめてもらえると、安心して任せられるでしょう。

遺品整理のことなら専門業者へお任せ【プロへ依頼するメリットとは】

荷物

遺品整理業者に依頼するメリット

たとえ一人暮らしだったとしても、家に残っている物は思っている以上にたくさんありますので、遺品整理は残された家族にとって大きな負担となります。しかも、故人の家と残された家族が遠方で暮らしていた場合は、さらに遺品整理にかかる負担も増します。また、遺品を処分することになったときは、物によっては処分の時に費用が発生したり、業者に依頼する必要が出てきたりもします。初めから業者に依頼することで、さまざまな負担が軽減されるでしょう。

遺品整理で困った時はこちらへ相談☆

神戸で遺品整理にかかる時間を大幅短縮しよう!

広告募集中